2023年05月01日

5/1週報 - 我が家のアクア様

20230501a.JPG
 我が家では 大学で一人暮らしを始める際に買った昔ながらの2ドア冷蔵庫を実に28年にも渡って使い続けてた のですが、近年はふるさと納税で大量の冷凍食材を頂いたり、こないだ念願のコストコデビュー まで果たしてしまったりで、冷蔵庫の容量不足がいよいよ切実な問題となってきたので、この度とうとう買い換えました!  設置場所的にあまり大きくもしたくなかったので同程度のサイズで探してたのですが、外寸はそれほど大きくなった訳でもないのに 容量はなんと 112L から 201L と約2倍!、なのに消費電力は3〜4割減!。28年の間の技術革新とんでもねえな!

 それにしても、まあわざと生活感そのままに最期の雄姿を撮ってみましたが、水道屋のマグネット好きすぎだろうと。もう古いのは癒着しちゃってて剥がすの大変でしたよ。そういやコロナ禍あたりからあまり見なくなりましたねマグネット広告。やめちゃった?

 それにまたこんな長い付き合いだと まじこさんの時みたく罪悪感でボロボロになるんじゃ? と思いきや さすがに冷蔵庫相手だとそんなこたぁなかったすね(といいつつ多少しんみりしながら拭いてたけど)。冷蔵庫とはあまり思い出は作らないですからね。

20230501b.JPG
 中身はこんな感じ。外寸は幅と奥行きが 5cm、高さは 26cm 大きく はなったけど、それだけで容量が倍近くになるのがすごいですよね。
 冷却機器の小型化や断熱材が薄くなったりと進化はしたんでしょうけど、比較検討してた際、同サイズ帯なのに AQUA 製だけ容量が別格に多い ので変だなとは思ってたんですよ。元は SANYO とはいえ今は海外メーカーな訳だし、容量の計算方法とか違うんちゃうの?とか微妙に疑ってたものの 使ってみたらホント広いの!。特に庫内の奥行きが違い過ぎて(今まで22cmが30cmに!)奥の方をどう使えばいいか持て余してるくらい。何なのこの AQUA マジック!

 冷凍庫もイマドキらしい下段の引き出しタイプになって容量倍増しましたが、今までテトリスみたいに器用にに積み上げては崩れてイラっとしてた のが無頓着に放り込めるようになってホント楽ですね。もう いつ来るか分からない焼鳥50本とかに怯えなくていいんだ!たまにバケツに占拠されても不便を強いられなくていいんだ!

 ちなみにこの機種、現行で販売されてるのは AQR-20N なので1世代前の機種なのですが、製品サイトを見比べても違いが全く分かりません。いやホント分からないんだってば。でも今ちょうど M の入れ替え在庫処分の末期だったようで N より2万くらい安く売ってたので、だったら M の方でいいでしょそんなの。
 もしかしたらスッゴい欠陥とか改善されたりしてるのかもしれないけど、M の方も別に悪いレビューが並んでる訳でもないし、安く買えた分めずらしく延長保証もつけたし、また末永くよろしくお願いしますよ!

20230501c.JPG
 さて、今回の冷蔵庫選定、今まで冷蔵庫の上にいろいろ置いたり作業台にもしてたので高さが変わると何かと困るし、当初は今までとほぼ同サイズの AQR-17N を買おうとしてたんですよ。なんでか色が白とワインレッドだけ なのが地味にイヤで困ってましたけど。

 でも将来的には遠からずボロい一軒家を買うのを夢見てるし(志が低いなぁ)、今の家の都合よりも将来的に余裕がある冷蔵庫の方がよくね?、と迷ってたところ、よく考えたら冷蔵庫の右の生ごみ処理機がものすごい空間の無駄遣いをしてますよね。その上に棚なり作ってコーヒーメーカーとか移住すれば全て解決するんじゃないですか?

 かくして冷蔵庫は当初の予定より大きくなり、購入後2週間かけて冷蔵庫横の大カイゼン事業が繰り広げられた訳です。イイ。木目いいよ落ち着くよ。諦めなくてよかった。

20230501d.JPG
 でも何気に、棚よりもこの機会に 絶対つけたかったのがこの水はねガード なんですよね。こんな端にシンクがあるせいで床にもむっちゃ水が飛ぶんですが、今まで10年以上無頓着にしてた結果、冒頭にもチラ写りしてますが 床がもう取り返しのつかない状態に。まあもう仕方ないので出ていく際には覚悟してますけど、これ以上は悪化させないように今更の対策なのです。床のマットも広いのに変えましたよ。
 最適すぎるアクリル板は見つけたものの、どうやって固定するかが問題だったのですが、なんかシンクの横にうってつけの木ネジを発見したのでそれを無理くり活用しました。ホムセンでコの字の棒を見つけた時は小躍りしましたね。シーリング剤なしでも概ね防水もできた。
 スポンジゴムに水が溜まってカビとかも少し気になりますが、多少は水も入るものの翌日には乾いてるようだし、最悪バラせるから掃除なり交換すりゃいいか。

20230501e.JPG
 そして棚もね、ちょうどいいラック 自体はすぐ見つかりましたが、天板が金網じゃ落ち着かないので木の天板をいかに上に固定するか という問題になります。
 置くだけの板なら売ってるけど あれサイズが雑なのでカタカタ動くし安っぽいし、音がビンビン響いてイヤなんですよね。大きいサイズなら立派な木製の棚板も単品売りしてるけど 小さいのはないんよなぁ。

 んで考えた結果、ポールのてっぺんのキャップを外せば穴になるので、そこに合わせて天板に突起をつけてハメ込めばいいじゃない、という事に。パイプの内径は18mmくらいだったので、ホムセンで手頃なサイズのゴムパーツを探してたら 19mm の グロメット を見つけました。
 水平方向に動かなければいいだけで完全固定したい訳でもないし、この手のラックって組むと多少歪んだりするので、多少穴がズレても合わせられるゴムの突起がいいですね。

 あとシンクより高い位置にしたとはいえ水はかかるので 天板もいつぞやの経験を生かしてウレタンニス仕上げにしましたよ。ホント 和信のニス は塗りやすくていいですね。
 棚は¥3980。天板のアカシア集成材とニスがそれぞれ¥1000弱。安いので躊躇なくブチ抜いたりカスタマイズできていい。

 元々下の生ゴミ処理機ありきで棚のサイズを決めたので、コーヒーメーカーだけを置くには広すぎるし他の物も置きたくなりますが、でもこの広さ、何気に 憧れの全自動コーヒーメーカー 置くのにちょうどよくないですか?(ゴクリ)
 ‥‥などと一瞬思ってはしまったものの、あれ家に置くとコーヒー飲みすぎて胃が痛くなりそうだし、まあ1日3杯までと戒められる 今の保温ポットでの運用 が僕には合ってるのかなと。でも憧れるよなぁデロンギ。憧れは止められねぇんだ!

posted by ひこざ at 23:59| Comment(0) | 車&自宅カイゼン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。