2018年09月22日

まじこと九州:1日目(島原編1)

20180922a.JPG
関門海峡の夜明けです!
俺たちの旅が、また、始まる!
 てことでですね。また まじこ(愛車)さん と旅に出たわけですよ。ちょっと飲み会があるので九州まで。まじこさんと九州上陸は3度目ですね。

 で、始まる!とか言いつつ、実は出発したのは一昨日の夜なのでもう3日目なのですが、昨日はひたすら高速を走ってただけで書く事もないし、メシログだけですね。書く事ないといいつつ、雨が降ったりやんだり降ったりやんだり超腹立つ天気だし、途中で事故のせいで強制迂回させられたりすげえ疲れましたが、ただのグチなので省略。今日から1日目とします。

20180922b1.JPG
 メインイベントの飲み会は明日なので、今日は毎度おなじみ、熊本の友達と遊びましょう。いつも大抵は阿蘇の方に向かって行くのですが、もうさすがに何度も行ったし、今回は海側へ。

 てことでまず来たのは宇土半島の付け根、長部田海床路。熊本の海と言ったら基本的に有明海の遠浅の干潟なのですが、干満の激しい海で漁をしやすいように、満潮時には海に沈む場所にまで道路が作られているのです。今は干潮なのでこの通り一面の干潟ですが、満潮時は海に沈みます。焼酎のCM で見たことがある人もいるかと。
20180922b2.JPG
 で、上の写真の道路の右側がなんかツブツブしてますが、それ全部カニです。最初気付いた瞬間はゾワっときますが、こちらの歩みに合わせてちょこちょこ逃げてかわいらしいです。そして干潟と言えばムツゴロウもひょこひょこかわいい。干潟に手も届くのでせっかくだし指を突っこんでみたらゾクリときた。

20180922c.JPG
 長部田海床路のすぐ隣には神社と灯台がありまして、住吉灯台 というのですが、下調べしてた時に 「日本最古の灯台」 とか見かけて行かずには居られなかったのですが、まあ今建っているのは今風の灯台です。じゃあ初代灯台が最古なのかなと思ったら初点灯も昭和8年になってるし。あるぇ?

 帰ってから調べてみたところ、確かにかなり古くから灯台としての高灯籠があったのだけど、紛らわしい事に大阪にも 「住吉高灯籠」 という高灯籠があって、どっちのWikiにも日本最古の灯台と書いてあって笑った。熊本の高灯籠は江戸時代、大阪のは鎌倉時代との事なので大阪のが古そうだけど、調べたら他にも最古の灯台が出てきそうだなコレ。
20180922d.JPG
 そのあとはフェリーで島原半島に行く事になったので海ぎわを走っていたのですが、ふと山を見たらすごい事になってた。知りませんでしたが熊本ってみかんの一大産地だったんですね。愛媛や和歌山でみかん畑は見た事あるけど、ここまで山全体をフル活用してるのは初めて見た。

20180922e1.JPG
 そしてフェリーで島原へ。熊本港からも高速船が出てますが、ダイヤ的にタイミングが悪かったので 北の長洲港から乗船。2段構造の船に2段構造のスロープで車をのせる豪快な港でカッコいい。船が着いてから車を下ろして積んで出航までの流れが鮮やかすぎて惚れそう。乗る車も多かったし、みんな活用してるんだなぁと。
 あ、ちなみに今日明日は友達号で移動なのですよ。なので車窓のみかん畑やら乗船の瞬間やら落ち着いて撮れる嬉しさよ。ありがてえ。
20180922e2.JPG
 出航時に見た長洲港の岸壁。有明海の干満差をありありと見せつけられますね。いちいちこんなゴツイ港作らないといけないのは大変ですわな。

20180922f1.JPG
 てことで島原半島に渡りまして、雲仙の山越えをするのも景色がよかろうけど、今回は敢えて島原半島をぐるっと一周してみようという事に。
 反時計回りに進んでいくと、有名な 諫早湾干拓の堤防 があります。堤防の上は道路になってるのでせっかくだから渡りましょう。なんと7kmずっとこんな直線ですよ!。といっても実際走ると片側は土手が高すぎて何も見えないのであまり楽しくはないのですが、途中にわざわざ展望公園があって、そこなら思う存分堤防を激写できます。
 正面に見えるは島原半島、雲仙岳ですね。美しい。この先ずっと天気は不安定そうだけど、今日は晴れてよかった。
20180922f2.JPG
 そして水門も。この巨大水門が2セットありますよ。水門属性の人にはたまらなそうですね。そういや 子供ながらに記憶に残るあのギロチン はどこにあるのかと思ってましたが、あれは工事初期の仮堤防的な物で、あれを足掛かりにこの堤防が作られた、という事みたいですね。

20180922g.JPG
 てことで、島原半島に渡った時点ですでに15時近くだったので、あとは日が沈むまで海ぎわを走って、西のはしっこ、島原国埼灯台 で日没。駐車場からえらい階段を下りないといけなくて帰りがキツイ。下はキャンプ場になってて泊まってる方も居ましたが、プライベートビーチみたいで居心地よさそうだったな。

20180922h.JPG
 明日は島原半島の南端あたりからスタートしたいので、国埼灯台から南下しつつ風呂を探そうと思ってたんですが、島原半島ならどこにでも温泉あるかと思ってたら南側にはないんですね。意外。
 結局少し戻って、有名な温泉街、小浜温泉 にて入浴。旅館が所狭しと建ってたり側溝から湯気が出てたり、いかにも温泉街っぽくて好き。

posted by ひこざ at 23:58| Comment(0) | 旅行記・散歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。