2018年08月04日

ついに空母に乗れました

20180804a.JPG
 さて今年もやってきました。1年で最も横須賀に人が集まる日、よこすか開国祭です。自衛隊と米軍がまとめて艦艇見学させてくれるので、見てみたい艦があれば出かけるのですが、今年は米軍の方が当日まで公開艦を発表しなかったんですよね。

 で、少し気になりつつも、今年は同日に超レアな 英海軍アルビオンの一般公開 もやってたのでそっちに行こうと内定してた訳ですが、いざ発表されてみたら 空母ロナルドレーガンと第7艦隊旗艦ブルーリッジの2艦立て という予想だにしてなかった大サービス!。これはもう笹食ってる場合じゃねえと即座に服着て家を飛び出しましたとさ。
20180804b.JPG
 てことでレーガンさんとご対面。遠目には何度も見てるけど、いざ目の当たりにしたら 口空けて絶句した。カメラ持つ手が震えてる。これはアレだ。たしか初めて黒部ダムを見た時もこんなだった。いい歳して心昂ぶらせすぎです。たぶんすごい顔してたと思う。
20180804c.JPG
 もう嬉しすぎていつもより写真が大っきくなりますよ。どうですよこのディティール。あの空いてる穴1つ1つに何かの意味があるかと思うとドキドキしますね。

 しっかし、何年か前にもある日突然 「明日空母公開するよー!」 と電撃発表したものの、朝から人が大挙しちゃって早々に入場中止になっちゃった事もあるんで今回も期待せずに行ったんですが、今回は思いのほかアッサリ見られましたね。当日まで発表しなければ皆アルビオンに行くだろうと見込んでの大サービスなのかな。なんにしろ横須賀に住んでてよかったなと。遠方からじゃこうは動けん。

20180804d.JPG
 そりゃ空母ロナルドレーガンですからね。レーガンさんがお迎えしてくれます。こういう機会のためだけにわざわざ用意してるのかねこの像は。レーガンさんといえば、物心ついた頃に最初に存在を認識した大統領ですからね。僕の中では大統領オブザ大統領という感じ。

20180804e.JPG
 レーガンさんにお邪魔します。なんかもう、いずもさんの時も思ったけど、船の中とかいう気分は皆無ですね。建物や!。ちなみに、奥に壁が見えますが、その先にさらにもう1区画ありますからね。艦載機がみっちりだとどんな風景なんだろうな。

 ちなみに、残念ながら今回の見学はここまでなのですよ。飛行甲板にはのぼらせてもらえませんでした。まあこの炎天下で飛行甲板はさすがにヤバそうですしね。それに今日はもう、最初に一目見た時の衝撃だけで充分すぎるほど満足ですけどね。また次の機会を楽しみにしときましょう。
20180804f.JPG
 艦内にはレーガンさん印のF-18が一機だけ。しかもエンジンが抜かれてる。そういや確か 去年もこの岸壁にF-18が置いてあったけど、写真を見返してみたら同じ機体ですね。まさかお披露目のためだけにここに置いてある訳じゃないよねこの機体?
20180804g.JPG
 区画を区切る壁には強いアメリカって感じの絵が。全部見てみたいなぁ。俺たちの船って感じで皆愛着があるんだろうなぁ。

20180804h.JPG
 てことで名残惜しいですが、ブルーリッジさんも見に行きたいのでレーガンさんはこの辺で。でも降りながらふと上を見上げたらまた身震いしましたけどね。いずもさんの大きさも何度も近くで見てるってのに、なんか存在感のケタが違う。
20180804i.JPG
 なのでまた写真が大っきくなりますよ。こういうのを心置きなくマジマジと見たいがためだけに、こんなアホな炎天下の中を何時間も並んでしまう訳です。他人の写真じゃ分からんのです。

20180804j.JPG
 帰りながらも、レーガンさんの後ろの方。何もかもデカくてゴツくてかっこいいな。あの穴から何が出てくるんだろう。
20180804k.JPG
 レーガンさんの尻。そういや空母の尻を見るのは初めてだ。そんなところに CIWS 付いてたんか。米軍艦の艦名のフォントはかっこよくて好き。

20180804l.JPG
 続いてブルーリッジさん。基地に着いた当初は皆空母目当てでブルーリッジさんはいつでも乗れそうな雰囲気でしたが、レーガンさんの方は早めに入場を打ち切られたので、そいたら当然ブルーリッジさんが長蛇の列に。結局1時間くらい並んだかな。

20180804m.JPG
 乗ったらすぐに床に名札が。というかまず床が木で驚いた。40年前の船だもんなぁ。
20180804n.JPG
 そして立派な歴代ブルーリッジの紹介まで。なんかいろいろ余裕あるな。今のブルーリッジさんは三代目だそうですよ。初代、2代目がどんな船なのかなと思ったけどすぐには見つけられなかった。今度ちゃんと調べよう。

20180804o.JPG
 今回は米軍の艦艇見学にしては珍しく、艦内の部屋とかまで見せてくれます。士官用の会議室ですかね。隣に艦長室みたいなドアもあったので、トップクラスの部屋なのかも。
20180804p.JPG
 そしてなんとブリッジまで!。米艦のブリッジなんて始めてだ!。ていうか デカイ船なのにブリッジ狭ッ。そして暗ッ!。米艦全部こうなのか古い船だけなのか知りませんが、室内が黒塗りなんですね。なんというか、ボテボテのペンキも相まって、船というより、SL?
20180804q.JPG
 機材もこんな感じでなんかレトロ。本当に全部動くのか心配になるけどたぶん動くんでしょう。別にブリッジで指揮をする訳でもなかろうし、指揮をする部屋はたぶんもっと最新鋭なんですよね、たぶん、うん。でも黒壁にアナログな真鍮の機械だらけって、どうしようもなくワクワクしますね。

20180804r.JPG
 ブリッジから見た前甲板。なんというか、スッキリしてんなー。
20180804s.JPG
 そして後甲板もこんな。この空間を何に使うのかと思ったら、艦隊指揮で通信なり電波を使いまくるので、電波が干渉しないようにできるだけ物を置かないんだそうな。へぇー。
 ヘリも一応着艦はできるけど格納庫はなかったり、本当に指揮だけに特化した船なんですね。だったらじゃあ、このでかい船の中には何が詰まってるんだという疑問も沸いてくるんですが、作戦指揮室とかがいっぱいあるのかね?

20180804t.JPG
 といったところで、怒涛のような半日でしたがやっと一息ついて、隣に鎮座するレーガンさんを眺める。でっけぇなぁ。どうでもいいけど、入港するときどうやって入るのかね。頭から突っ込んで回頭するのは湾の幅的に無理がありそうだし、やっぱ尻から?

20180804u.JPG
 あと後ろには、海自のあすかさんも本日公開中。大抵いつも、米軍から自衛隊基地に1隻、自衛隊からも米軍基地に1隻お互いに出向して、どちらの基地に来た人も楽しませてくれます。
 同じ横須賀にある基地どうしといっても、両方の艦艇見学に行こうとすると2〜3キロは歩く事になるので、一日で両方行くのはかなりキツいんですよね。公開艦の交換してくれるのは地味にありがたい。ちなみに海自の基地のほうは今年はしらせさんだったみたいですね。

 なお、あすかさんはついこないだ見学させていただいた ばかりだしと、ブルーリッジさんをゆっくり見学してたら見学時間が終わってました。いやはや堪能した。

posted by ひこざ at 23:59| Comment(0) | 今日のおふね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。