2017年05月03日

まじことふなたび3:門司港上陸、ゆるり熊本

20170503a.JPG
 祝!九州上陸!。福岡県は北九州市、新門司港に到着です。まーむかし福岡に住んでたから門司も何度も来てるし、まじこ(愛車) での上陸も2度目なのでそれほど感慨深い訳でもないですけどね。むしろ ただいま九州!
 出航時にはほとんど港の中とか歩き回れなくてロクに写真も撮れなかったけど、やっと自分が乗ってた船の全体像を撮れたよ。やっぱ車両甲板ある船は背が高くてデカく見えるなぁ。そういやなんで航路的に愛媛は関係ないのに「どうご」なのかと思ったら、現行の4隻は四国4県の名所 (びざん、しまんと、どうご、りつりん) が由来なんですね。

 てことで今日からは九州編。明日の夜には福岡で飲む予定だし、今回は九州観光が主目的じゃないのであんま遠くまでは行きません。熊本の友達と合流して、福岡〜熊本を中心に巡る予定。

20170503b.JPG
 新門司港の沖には、今は埋め立てで陸続きになってる 津村島 という島があるのですが、入港時にキレイな島だなーと気になってたので行ってみたら、残念ながら島自体は立入禁止でした。でも代わりに、港に停泊中のフェリーが一望に!
 新門司港は大阪や神戸からのフェリーも到着する一大フェリーターミナルですが、大型フェリーが3隻も並ぶと壮観ですね。しっかし調べてみたら、大きさは一見そんな変わらんのに阪急フェリーはずいぶん積み込みますなー。他のフェリーのスペックも見たけどやっぱ阪急フェリーは特に多いぽい。

20170503c.JPG
 そのあとは、友達と合流するため一路南下。熊本まで行って合流すると時間がもったいないので、お互い車で、中間の小国町で合流 というアクロバティックプラン。阿蘇山の近くですね。
 道の駅小国 で待ち合わせでしたが、さすがのGW、しかも小国は各方面から道が交わる要衝なので道の駅付近は大混雑でしたが、まあ無事合流。

20170503d.JPG
 てことで合流しましたが、道も駐車場も混むのに2台で動くのもめんどいし、ここからはしばらく友達号での移動。まずはすぐ近くの 鍋ヶ滝 に来ました。
 今回教えてもらうまで全く知りませんでしたが、結構な人気ポイントなんですね。人手が多すぎて本来の駐車場ではさばけないので、わざわざ麓の小学校を駐車場にしてシャトルバス送迎までしてました。見てのとおり、幅が広くて見事な滝ですが、
20170503e.JPG
 なんと滝の下に空洞があって、滝の裏側からも見られます。暑い日だったので涼しげでよかった。それにしても人多いな。

20170503f.JPG
 さらに九重方面へドライブ。ツーリングの聖地とでも思われてるのか知りませんが、とにかくバイク多かったなぁ。もちろん普通に安全運転の人も居るけど、特に徒党を組んでる皆様は無茶苦茶な追い越しやら素行が悪いのが多くてウンザリする。

20170503g.JPG
 さあ毎度恒例、ちょっとマニアックポイントですよ。九重にある 八丁原地熱発電所 です。PR施設や見学ができる地熱発電所って珍しいんよね。GWだし、もしかして混んでるんじゃ?とビクビクしてましたが、さすがに混むほどではなかった。
 でも残念ながら、普段なら発電室とか見学できるところ、雷注意報が出てるとの事で施設見学はナシで、2本のPRビデオと係員の方による説明のみ。でもビデオの片方は発電所と関係ない九重のPR (約20分・拒否権なし) なので、あれは勘弁してほしい。せめて5分くらいにしてよ。
20170503h.JPG
 構内には発電後の蒸気を地中に戻す井戸 (取り出し口は山の上の方らしい) などもあって、見られればカッコよさそうなんだけど、これまた雷注意報が出てる時は国からのお達しで勝手にうろついちゃダメだそうで、写真で我慢。むう。

20170503i.JPG
 あとは小国まで戻って、せっかく山の中だし、ダムもいっぱいあるのでダム巡りでも。まずは 松原ダム。1972年完成。82m。
 ダムの下の方に降りていけそうな階段があったので、なんか微妙に罠の予感がしつつも降りていったら結局ダムの下まで行けて、草ボーボーだけど公園までありました。でも発電所が邪魔で結局ダム全貌は見えないという。Wikiの写真だと、もうちょい下流まで行けば見えたのかな?
 左に見えるゲート?がやけに存在を主張してて、そこから放水したら大層すごそう。

20170503j.JPG
 続いて 下筌(しもうけ)ダム。読めねえよ。1972年完成。98m。
 てっきり新しいダムかと思ってたらけっこう古いのな。松原ダムのすぐ上流にあります。松原ダムと違って全貌が見えるポイントがいっぱいあって嬉しい。あと松原、下筌とも国のダムなのでダムカードくれました。休日も応対してくれるなんてありがたい。

20170503k.JPG
 てな感じでここらで日も暮れて、今晩は友達のお宅にお世話になるので熊本市へ。せっかくなので夕食がてら 熊本城 を見に連れて行ってもらいました。左から、宇土櫓、小天守、大天守、かな?
 知っての通り、熊本地震で大被害を受けて修復中なので今は見学できません。遠くから眺めるだけ。まもなく本格的に修復するためシートで覆ってしまうらしく、その前に城の姿を一目見られてよかった。
20170503l.JPG
 清正公と熊本城。そういや熊本も何度も来てるのに、熊本城の中までは入った事なかったんだよなー。修理にはまだまだかかるようですが、完成したら今度こそ見に来よう。

メシログ 5/3(水)

  • 朝食: フェリーどうご 自販機 天ぷらそば (¥300)
    20170503z01.JPG
     船内最後のメニューは天ぷらそばで。カップ麺じゃなく冷食です。冷食のそばって初めてだったけど、割と美味いもんですね。まあ冷凍うどんは美味いんだし似たようなもんか。何しろ安いのがいい。
     あと今更ですが、船内では茶は無料で飲み放題です。ちょっと嬉しい。
  • 昼食: めし屋おふくろ (道の駅小国となり) とり天膳 (¥1000)
    20170503z02.JPG
     久々のちゃんとしたメシだ!。うめえよ!。ゴハンうめえよ!。なお後になって、とり天って小国と関係なくね?とか、この辺はそば街道って事で有名らしい、とかいろいろ気づきましたが、この時はとにかく食い応えのあるちゃんとしたメシが食いたかったんだ!
  • 軽食: お万十の松石庵 (道の駅小国内) ジャージーミルクチョコソフト (¥350)
    20170503z03.JPG
     そら阿蘇ですからね。ソフトクリーム食いますよね。普通ならプレーン頼んで素材を堪能した気になるところですが、なんかやけにチョコ推しだったのでチョコにしてみた。コーンまでチョコ味でうまい。
  • 夕食: 馬肉酒場 三村 熊本銀座通り店 馬肉焼肉、馬刺しほか
    20170503z04.JPG
     そら熊本ですからね。馬刺食いますよね。友達がいいお店を見繕ってくれてたのですが残念ながら満席だったので、繁華街をブラブラしつつ、いろいろ食べられそうなのでここで。
     今これを書くために調べたら全国チェーンて事に気づちゃったんですが、いろんな部位とか、刺身だけじゃなく焼肉でとか、いろいろ食べられて美味かったですよ。しかも不覚にも友達に御馳走されてしまったよ。ありがてえ。ホント御馳走様でした。

旅のきろく 5/3(水) 晴れ

走行距離: 238.0km (計305.7km) + 友達号 57.2km
  • 高速料金: 九州道:新門司 〜 大分道:九重 ¥2240 (休日割引:通常¥3200)
入浴: 天然温泉ぶぶたん ¥400
露天あり(修理中)、ロッカー¥10、シャンプーなし、ドライヤー¥10。
 熊本市の郊外にある、いかにもスーパー銭湯といった感じの利用しやすい温泉施設。熊本地震で震度が一番大きかった地域なので、いまだに露天風呂は壊れて使えなかったりもしましたが、夜遅かったのにお客さんも結構居て賑わってました。
 そういやここも安いんですが、熊本って温泉や銭湯が基本的に安いんだそうな。嬉しいは嬉しいけど、ロッカーとかドライヤーで10円取るくらいならもうちょい値上げしていい気がする。
宿泊: 友達宅(熊本市内)
 いやはや何から何までホントお世話になりました。明日は大牟田観光の予定だし、ほど近い熊本市からスタートできるのはとても助かる。
posted by ひこざ at 23:59| Comment(0) | 旅行記・散歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。