2016年08月20日

まじこと青森まとめ

 毎回恒例、まじこ(愛車) と旅行のまとめです。
 思ったほどキレイな青森県の形にはなりませんでしたな。下北半島の先の南側は抜けるのに時間かかるし、その後の大湊とむつ科学館の方が重要だったのでパスしました。あと県の西の方は個人的にあまり惹かれる物がなかった。
20160820a.png
往路 8/10(水)・8/13(土) 横須賀〜仙台〜岩手山SA  マップ (647.3km)
@ 8/14(日) 弘前〜五所川原〜龍飛崎  マップ (297.7km)
A 8/15(月) 青森市街〜夏泊崎〜恐山〜大間崎  マップ (215.9km)
B 8/16(火) 大間崎〜仏ヶ浦〜大湊〜むつ  マップ (206.9km)
C 8/17(水) 尻屋埼〜六ヶ所〜三沢〜八戸  マップ (251.5km)
D 8/18(木) 十和田湖〜尾去沢〜八幡平〜松尾  マップ (362.3km)
帰路 8/19(金) 長者原SA〜常磐道〜横須賀  マップ (465.3km)

  • 総移動距離: 2446.9 km
  • 給油量: 134.94 L (7回)
  • 単純計算燃費: 18.1 km/L
  • 交通費:
      ガソリン ¥16554
    + 高速料金 ¥18570
    + 駐車料金 ¥1900
    + バス、乗船券等 ¥2400
    = ¥39424

 今回はいつもより日数も少ないし、本文の大半は旅行中に書いてたってのに、まとめるのに時間かかりましたな。いつもGPSログをツールで間引きしてから要所要所は手直しするんだけど、今回は峠道や同じ道の往復が多くてそれに手間取った。これ手間かかる割に仕上がりイマイチだし、もっとスマートな手法を考えたほうがよさそう。

 ちなみに、旅行中に書いてる記事は、いつもだいたい20時過ぎくらいに泊地に着いて23時には寝るので、その間の2時間くらいで書きます。その日の写真から文の流れを組み立てるのに30分、写真の加工とアップに30分、文章1時間てとこか。深く掘り下げずに今日見知った事だけ勢いで書くので、いつもの記事より早い。ちゃんと調べて書きたい事は帰ってから。

おまけ:旅の予定ができるまで

 ルートを見てもらうとほぼ無駄なく移動してるのが分かると思いますが、車で旅をする際には大抵、予定は出発前にほぼ確定してます。例えば 今回の予定はこんな。我ながらよくやるよ。

 つーても別に、予想外にすごくてじっくり見たかったり、通り道に面白い物とか見つけたら、後の予定と天秤にかけてコロコロ予定変えますけどね。それを見越して見学時間は長めに確保してるし、移動時間はほぼ正確なので、だいたいは予定通りに進む。今までの経験のたまものですね。
 なのでまあ、役に立つかは知りませんが、この旅程ができるまでの手順でも紹介しときますか。
  1. マイマップを作り(今回のマップはこんな)、まずは絶対に行きたいメインの目的地をプロット。今回で言うと青函トンネル記念館、大湊、航空科学館、尾去沢鉱山がメインかな。この時点で青森をぐるっと回る事は確定してますね。
    プロットする際、その場所の営業時間と定休日は必ずメモ する(超重要)。
  2. 観光協会のページとかで観光名所のリストを眺めて、行ってみたいなと思ったらひたすらプロット。重要度で色を変えるとこの後の作業が捗る。
  3. 営業時間がある場所は昼間に、ダムや景観地は朝晩になるように、行きたい場所を繋いでいく (マイマップにそんな機能はないので、指で追いながらなんとなく)。例えば今回、下北半島巡りが8の字になってるのは、むつ科学館の休業日と仏ヶ浦の船の時間を考慮した結果。
    この時点で繋げようがない場所はさっさと諦めるが、予定がひっくりかえって代わりに行けるかもしれないので、消しはしない (地図上の灰色のポイントがそれ)。
  4. Google マップのルート検索で、行きたい場所間の距離を調べて、本当にたどり着けるか判断。僕の場合は休憩や信号も含めて、高速道は 100km/h、田舎道は 50km/h 計算でだいたい着ける事は分かってるので、だいたいそれで判断。さらに多少の寄り道や渋滞くらい対応できる余裕は付け加えとく。
  5. ルートが決まったら宿泊地を選定。翌日の最初の予定地に極力近付いておくと翌朝が優雅になる。優先度としては、高速なら SA / PA > 道の駅 >>> 駐車帯(青森はたくさんあって助かる) > 警官やヤンキーが来なそうな公園(最後の手段)、といったところ。
  6. 風呂を選定。近くに温泉地があるなら万々歳だし、今はどこでもスーパー銭湯があるので風呂に困った事はない。風呂で緩んだ後にロングドライブしたくないので、極力宿泊地の近くで。
  7. 食事場所を選定。マトモなメシを食いそびれると満足度が著しく下がるので地味に重要。SA / PA や道の駅があるならプロットしとく。大抵の道の駅は昼しか食えないので、夕飯は温泉施設で風呂がてら食うのが一番ラク。飲食店街がありそうなら駐車場を調べておく。
    本当に何もないなら諦めてコンビニ。それも無理な時のためにパンやカップラーメンは常備 (というか朝食はほぼそれ)
 てとこかな。営業時間と定休日の把握はホント大事。特に冬季。何度ガッカリしたことか。でもそれでもなお臨時休業とか引き当てるの得意ですけどね。なんなんすかねこの運。

 あぁあと、こんなカッキリ旅程決めるのは賛否両論とは思いますが、ちなみに他人と旅する時はこんなカッキリ予定決めませんからね?。自分も相手も精神衛生上よくない。一人旅だからできる楽しみ方です。

posted by ひこざ at 23:00| Comment(1) | 旅行記・散歩
この記事へのコメント
燃費がウチの二輪と変わらない件。
風呂とメシは超重要。
Posted by F木 at 2016年09月06日 02:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。