2014年12月04日

まじこと広島四国ツアー7日目

20141204a.JPG
 まじこ(愛車)と はやぶさ2の事は忘れて 広島・四国の旅、7日目です。今日からは出発前に立てていた、本来のプランに戻ります。ものすごい駆け足で四国を巡りますよ!
 今朝は愛媛県西部、大洲市あたりからスタートして、まずは愛媛県の南端、愛南町にある 宇和海展望タワー に来ました。

 それにしてもひどい雨だよ。昨日まではほとんど降られずに済んでたのだけど、今日はもう言い逃れしようのないドシャ降り。今日はずーっと海沿いの道を走るから晴れて欲しかったんだけどなぁ。

20141204b.JPG
 なんか今まで見たことないタイプの展望タワーだなぁと思ってたら、ゴンドラに乗せられて、ゴンドラごと上下する展望台でした。しかも横方向に回ります。いいなぁこの昭和っぽい内装。
 こんな12月の雨の平日の、しかも早朝に他に誰も来るはずもなく、貸し切りどころか、本来20分に1回運行のはずのダイヤとか無視で、チケット買うなり動かしてくれました。登って降りるまで6分くらい。

20141204c.JPG
 そして同じ敷地にある 紫電改展示館。近くの海に沈んでいたものを引き揚げた、国内では唯一現存する紫電改だそうです。以前スミソニアンで動態機を見てしまった事 は今は黙っときます。元々はこっちを先にWebで見つけて、同じ場所にタワーもあったので、じゃあ両方行こう、という流れでここに来ました。
 機体についての資料はもちろん、この機体に関しては、どの部隊所属でいつ墜落したかも分かっているので、実際乗っていた部隊の方々の写真などもあり、神妙な気持ちになります。

20141204d.JPG
 展望台を後にして、レッツドライブ。今日一日で足摺岬と室戸岬を両方極める というハードスケジュールです。どちらかを諦めるだけでかなり旅程に余裕ができるんですが、端っこを極めるのが大好きなんです!。放っといてください!
 ということでまずは足摺岬。四国最南端ですよ!。銅像はジョン万次郎。ちなみに、九州の南端西端、北海道の北端東端の岬と、日本の東西南北端の駅は制覇済みです。

 足摺岬まで行く道は3本あって、普通は山の中を通る、一番広い道をナビに勧められるかと思いますが、確かに道は広いのだけど、ずっと森の中で退屈だし、延々急カーブが続くので割と疲れる。東側の海沿いの道の方が、たまに離合困難だけど気分的には楽でした。軽だから言える事かもしれないけど。

20141204e.JPG
 せっかく四万十川まで来たので、それっぽい風景、佐田沈下橋。増水時には沈む事が前提の、手すりとか一切ない橋ですね。上を歩けばなんかスタンドバイミーのような、夏休みのような気分。
 とはいえ、雨は上がったものの、曇り空じゃ映えないなぁ。いかにも夏休みみたいな、入道雲の青空と一緒に見たかった。

20141204f.JPG
 あとは高知市街まで 110km を走りに走って、一気に高知城へ。でも天守閣の最終入場 16:30 には間に合わなかったんだけどね。 着いたの16:45。惜しい。
 といっても、まあ城内の雰囲気は昨日の松山城とそれほど変わらないだろうし(暴言)、外から見られれば概ね満足ですけどね。夕闇の天守閣。イイネ!
 それにしても高知市街の道路は狭いなぁ。路面電車併走の道路で、電車の停留所があるたび2車線が1車線に減るのはヒドイと思った。結局みんな1車線しか使わない。
20141204g.JPG
 松山城と高知城という現存の城を2日連続で見た訳だけれど、石垣にも個性があるんだなぁと。松山城は石垣の面がとにかく平らになるようにギッチリ詰めこんだような感じ。高知城はすこし丸みのある石で余裕がある感じ。でも高知城の石垣の苔むした感じは好き。

 高知城を後にしたあとは、日も暮れた事だし、あとはのんびり室戸岬を目指します。今日は岬に着きさえすればOKで、観光は明日。開館時間とかない岬やダムなどを朝イチに持ってくる、これ旅行の鉄則!

旅のきろく 12/4(木) 雨のち曇り

走行距離: 446.6km (計2247.5km)
  • 高速料金: 松山道:いよ西条 〜 大洲 ¥1460 (深夜割引:通常¥2090)
  • 高速料金: 松山道:大洲北只 〜 西予宇和 ¥500
  • 高速料金: 高知道:須崎東 〜 伊野 ¥670
  • 給油: 154 x 20.68L (愛媛県大洲市)
  • 給油: 167 x 19.50L (高知県香南市)
  • 駐車: 高知公園駐車場 ¥360 /1時間
入浴: 土佐ロイヤルホテル ¥1000
露天あり、ロッカー無料、シャンプーあり、ドライヤーあり。
 ロイヤルですよ!。風呂セットだけぶらさげて入ると肩身が狭くなるようなバブリーなホテルです。ついでに食事できないかなと食事処の前に置いてあったメニューを開いてみて、1ページで閉じました。
 でも後で気付いたけど、温泉じゃないのねココ。海洋深層水だそうです。でもその海洋深層水の露天風呂が絶妙な湯加減で、しばらくぐったり漬かってましたが。
宿泊: 道の駅とろむ
朝食不可、近所にコンビニなし。
トイレは公衆便所だけど綺麗。洋式トイレあり(障碍者用)、シャワートイレなし。
 元々は室戸岬の駐車場で寝るつもりだったけど、すぐ近くに道の駅があったのでこっちにした。わざわざ室戸岬を抜けていくトラックなんてほとんど居ないし、他に誰も来ないし、静かでよかったです。その代わり風が強すぎて、車ごとゆっさゆっさ揺れたけど。

メシログ 12/4(木)

  • 朝食: 松山道:内子PA下り 持参したパンと缶ココア
    自販機しかないPA。雨がひどすぎてお湯を沸かすのも面倒だったので、カップスープは断念して自販機のココアで我慢。
  • 昼食: 足摺黒潮市場 さばぶっかけ丼(¥1300)
    20141204_fd01.JPG
     近くに道の駅があるのでそこで食べようと思ってたら軽食しかなくて、さてどうしたものかと探しながら走ってたら、ものすごく便利そうなこの店を発見。お土産屋も超充実。
     もちろん土佐なのでカツオ推しなのですが、カツオあんま好きじゃないのと、土佐の清水サバとやらも名物らしいので、じゃあサバで。熱いダシも付いてるので、前半どんぶり、後半茶漬け。
  • 夕食: 手打ちうどん いおき家 釜玉うどん 中(¥480)
    20141204_fd02.JPG
     高知市街から室戸岬に向かう途中で夕食を探してたのだけれど、行けば行くほど選択肢が減ってくのは明白なので、飯屋があるうちに入っといた。今回の旅では香川はほぼ素通りなので、ここいらでうどん食っちゃいましょう。ちゃんと讃岐で修業した人らしいし。

posted by ひこざ at 23:00| Comment(0) | 旅行記・散歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。