2016年07月29日

[開発者向け] Android 有料アプリでライセンス認証(LVL)まとめ

 さて、来月からは iOS 版の開発作業に入りますので、Android のノウハウで書き残しておきたい事は忘れないうちに書いておきましょう。

 まずは、Google Play で有料アプリを配布する際には一応組み込んでおきたい、ライセンス認証ライブラリ、通称 LVL (License Verification Library) のこと。
 Android は、悪い人がちょっとヤル気を出せば、有料アプリを購入 > 端末からアプリだけ抜き出す > 即座に購入キャンセルして返金、という事ができてしまいます。なので、たとえアプリが抜き出されたとしても、購入者以外はマトモに起動できないように、アプリ起動時に Google Play に問い合わせるためのライブラリですね。

 といっても、この LVL 入れたところで、もっとヤル気のある悪い人がアプリを解析して認証処理を無効化されたらそれまでだし、何より気になるのが、LVL に関する公式情報やブログ、挙句は 「LVL を誰でも簡単に無効化できてしまう某有名ハッキングツール」 さえも、数年前の日付のまま誰も更新してない ところを見ると、とっくに時代遅れで、誰もアテにしてないんでしょうね。今時はアプリ本体は無料配布で、サーバから提供されるデータやサービスに対してお金を払う商売が主流なので、そもそもアプリ本体にコピー対策をする必要もないのでしょう。

 でもそういう商売をするにはサーバとユーザー情報を管理をし続けないといけない訳で、個人で極力そんな事したくないし、LVL だけでも何もしないよりは遥かにマシなので、今更ながら大マジメに LVL を組み込んでみたので、その覚え書きです。
 なお、今更こんなとこでまとめなくても、世の中にはもっと丁寧にまとめてくださってる方がたくさん居られるので、ここでは他であんま書かれてない Android Stuido のプロジェクトへの組み込みや、2016年現在のテスト事情などを書きます。

続きを読む(開発者向け)
posted by ひこざ at 21:44| Comment(0) | 開発 - Android