2016年05月15日

Android Studio でアプリの体験版作りまとめ

 こないだリリースした Chronus もですが、有料販売を前提にしてるアプリは、まずはたくさんの人に触ってもらえるように体験版を作っときたいですよね。
 普通、体験版といったら、有料版の機能を一部封印しただけの物なので、有料版も体験版も同じプロジェクトにして、スイッチを切り替えるだけですぐビルドできるようにしたいものですが、それをするための手順と工夫の覚え書きです。

 それにしても、この話題についてネットで検索すると、当然 Eclipse 時代のノウハウもいっぱい引っかかるのですが、Eclipse の頃はこんな出来て当然の事がものっすごい面倒だったみたいですな。チラ見しただけでもウンザリだよ。Android Studio になってから作り始めてよかった。

続きを読む(開発者向け)
posted by ひこざ at 23:59| Comment(0) | 開発 - Android